>

お鍋を使う上で気を付けることとは

料理にあったお鍋を選ぼう

様々な種類のお鍋が存在しますので、料理をする際にお鍋を使うときも、その料理や調理方法に最適なお鍋を選択することが求められます。

鉄やステンレスといった比較的メジャーな種類のお鍋であれば、使うことができる用途の範囲は広くなります。
ですので、こうしたお鍋は普段使いのお鍋として重宝することができます。

一方で、ホーロー鍋や銅でできたお鍋はあまりメジャーな種類のお鍋ではありません。
料理好きな人が持つというような印象のあるお鍋です。
こうしたお鍋は使用することができる用途に限りがあります。
例えば、銅鍋は、パンケーキや玉子焼きをきれいな色合いで焼くことができます。

他にも料理をすることができるメニューはいくつかあります。

お手入れをしっかりしよう

お鍋には買い替え時期がありましたが、こうした時期をできる限り遅らせることは可能です。
いくつかの方法がありますので、みなさんも試してみてください。

まず、一つ目のコツとして空焚きをしないということがあります。
料理の最中に目を離してしまうとこうしたことをしてしまいますが、お鍋にキズを付ける原因となりますので、できる限り避けた方が良いでしょう。

二つ目の方法として、強火での調理を避けるというものがあります。
急いでいると時に速く調理を完了させようと強火で調理してしまいがちですが、できる限り避けた方が良いです。

さらに、スチールたわしやクレンザーを使用してお鍋を洗うことも避けた方が良いです。
とにかく、お鍋にできる限りキズを付けないように使用をすることが大切と言えます。


Share!
TOPへ戻る