>

お鍋の買い替えの時期とは

買い替えの時期を知ろう

お鍋の買い替えの時期を知ることは大切です。
なぜなら、買い替えの時期を見誤り、既に壊れてしまっているのにそのお鍋を使用し続けるとみなさんが調理する料理の品質に影響を及ぼすからです。
また、買い替えに時期だけでなく、お鍋がお手入れを必要とする時期も知っておくと良いでしょう。
適切にお手入れをすることができれば、そのお鍋をより長い時間使用し続けることが可能になるからです。

買い替えの時期はお鍋の素材の種類ごとに異なります。
ですので、まずしなくてはいけないことは自分が持っているお鍋の種類を把握することです。
特に、普段良く使うものを中心に見ていきましょう。
次に、それぞれの種類のお鍋がどのような買い替え時期やお手入れ時期を必要としているのかを知ることです。

買い替え時期とは

では、それぞれのお鍋はどのような時期に買い替えるべきなのでしょうか。
まず、鉄とステンレスでできたお鍋に関しては一般的に買い替え時期がないと言われています。
つまり、上手に使用し続けることができれば買い替えをせずに使用することができるのです。
ただし、取っ手部分等お鍋の一部分が木材でできていて、その部分が破損しているのであれば、調理中に手を傷つけてしまうので買い替えるようにしましょう。

アルミニウムでできているお鍋は使用することでキズが生じてしまいます。
こうしたキズが大きく目立ってきたら買い替えの目安と言われています。

内面加工のお鍋は表面にコーティングされているフッ素がはがれてしまうのが買い替えの時期となります。
料理を炒めている際にお鍋に付着しやすいと感じたら買い替えましょう。


Share!
TOPへ戻る